banner

発生するみなし配当

合同会社の経営で発生するみなし配当

発生するみなし配当配当とは、会社が稼いだ利益を出資者に還元することを指します。出資者は慈善事業で出資しているのではなくて、利益を受け取るために出資しているのですから、会社としては何らかの方法で利益を分配することが必要とされます。そのためのものが配当金で、多くの企業は年に1回、事業年度が終わって利益が確定してから配当金を出資者に渡します。合同会社の場合にも配当金を受け取ることができますし、配当金に関するルールもあります。

配当金とは、利益を分配するという性質のもので、定期的に支払われるものを指しますが、このような定期的なものではなくても、会社が稼いだ利益を何らかの形で出資者に移転することがあった場合、配当金と同じような経済効果をもたらすと考えられます。そのために、税法上はこれをみなし配当として、配当金と同じように扱うことになります。それは例えば合同会社の会社組織が大きく変わったり、あるいは資本金を払い戻ししたりするときに発生します。たとえば、出資の払い戻しを考えてみましょう。複数の人が出資して合同会社設立した場合を考えます。このときに、ある人が100万円を出資したとしましょう。そして、その後、合同会社は規模を拡大させて大きな会社になり、純資産も増えてきたとします。そこで出資した人が資本金を払い戻してほしいといったときには、持分に応じて払い戻しが行われます。この時に、仮に150万円の払い戻しを受けたとします。この場合の50万円については、配当金と同じような経済効果をもたらしますから、みなし配当として扱われます。つまり、配当金を受け取った時と同じように課税されることになるのです。税率は約20%ですから、50万円に対する20%で、10万円くらいが税額となります。このように、会社法では配当金として扱われていないものであっても、税法上は配当金として扱われるものをみなし配当と呼んでいます。思わぬところで課税関係が発生することもありますから注意が必要です。

合同会社が会社組織や社員の変更がなく経営を続けていれば、みなし配当が発生することはありませんが、出資関係が変更される場合などには発生する可能性があります。ほかには会社の合併や分割、社員の退社による持分の払い戻し、組織変更などが行われた時には発生する可能性がありますから注意が必要です。配当金としてみなされれば個人に対して課税されますから、納税の準備をしておく必要があるでしょう。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.