banner

ひとりでできます

合同会社の設立はひとりでできます

ひとりでできます合同会社はその特徴から、ひとりで事業を行いたい場合や少人数での設立に向いた法人形態であると言えるものです。

合同会社の設立では、ひとりで事業運営を行いたい場合の他にも家族のように限られた人数での事業運営を行うことが見込まれる場合は、この法人形態が適しています。これには理由があり、法人として決定をしたい重要な案件に関する事項については、関係者従業員全員の許可がなければ、法人として決定したとは言えません。

そのため、ひとりであったりあるいは少人数の場合の方が、諸事決定がし易くなることがありますので、その分だけ法人として小回りが利きさらに決定決断も迅速に出来ることにつながります。

合同会社の設立では、行わなければならない事柄がいくつもあります。特に定款の作成と公証役場での認証を経て、法務局での登記が完了するまでの流れは、必ず踏まなければなりません。合同会社という法人である以上、法人格として認められる形式をとらなければならないわけです。

合同会社である以上、法人として守らなければならないことも多数出てきます。特に設立後の届出などは必ず行わなければなりません。国税に関する届出は税務署へ、地方税の関係の届出は都道府県税事務所や市町村役場へとそれぞれ届け出ることが求められます。もし、対応ができない場合には、代理人として税理士などに委任して任せる方法もあります。

その他にも厚生年金、社会保険加入の要件を満たしいる場合には、加入を行うための申請を行います。これらの手続きには社会保険労務士が代行申請が可能になる事柄です。

このように代行依頼して申請を行う場合、できる限り早めに依頼するなどの対応が必要になります。なぜならば、それぞれの提出期限が厳しく決められており、その期限に間に合うように書類の準備などを行わなければならないからです。

合同会社は一人ででも設立が可能な法人形態です。手軽に事業を行えるという判断もある一方で、守らなければならないことも多いわけです。個人事業主ではそこまで厳しく言われなかった事柄でも、法人である以上は設立以降必ず守るべき事も増えます。

一人での事業が気軽だからと言って新設することは可能ですが、その後の対応をしっかりと考えていないと、行き詰まるおそれも十分にあり得ます。運営上の手続きなどは、税理士や社会保険労務士などの士業の専門家に、ある程度は任せるなどの柔軟な対応も必要になるでしょう。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.