banner

相談先

合同会社の設立に関する相談先

相談先合同会社は、かつての有限会社の代わりとして認められるようになったものです。そのため、比較的少人数で新設をするものという認識が大切になってきます。大人数の場合はこの合同会社のメリットが消えてしまいます。そのため、少人数で立ち上げることが望ましいものですから、そのことを念頭に置いた対応が必要になってきます。

これから合同会社を設立したら、色々な事業をやりたいと思うことは当然のことです。その設立のためには、踏まなければならない手続きがあり、しかも行いたい事業の種類によっては注意するべき事もありますので、士業の専門家などとよく連携して事業を進めることが肝心となってきます。

事業の中でも法人格でなければならず、しかもその設立に関してあらかじめ相談をした方がいいものとしては、社会福祉関係の事業が挙げられます。介護保険や障害者総合支援法関係では、民間企業にも門戸を広げて新設を認めています。

しかしながら、合同会社を立ち上げた場合に作成をしなければならない定款や、法人登記簿謄本については、その記載内容についてそれら社会福祉に関する事業のことを入れたものでなければなりません。

定款や法人登記は、いったん申請をしたら認可されてしまい、その修正には別途また申請が必要になるなど、お金がかかるばかりです。したがって、合同会社を立ち上げて何をしたいのかが明確な場合は、すぐに合同会社設立の話ではなく、まずは介護保険や障害者関係事業の窓口にて、しっかりと相談を行うことが求められます。

合同会社の設立に向けて、その設立をする人はこれからのことで頭がいっぱいになるでしょう。そのため、しなければいけないことを忘れてしまって、抜けてしまうことが多くなる危険性をはらんでしまいます。

そうならないように、できる限り段取りよく話を進めていく姿勢が求められます。定款や登記簿謄本の申請では、いったん申請をしたら通常はそのまま承認されてしまうものですから、申請を行う前にはその文字文言で本当に大丈夫かどうか、役所で相談を行う慎重さが必要ですし、大切なことです。

設立をした後では遅いので、新設を考えた段階で早めに窓口に赴いて、話をしっかりとしなければなりません。注意点などはそのときに役所側から示されます。申請に関する手引きなどを作成していることもあり、それらを参考にして法人の新設時期からしっかりと考えて、行動をしていくことが求められるものです。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.