banner

メリット

合同会社設立によるメリット

メリット合同会社は、法人格としては規模が小さく、家族的経営で済むものです。経営者、従業員は一人でもよく、経営決定に関しては迅速に決定がし易いメリットが生じます。したがって、大きな事業を引き受けたりしないのであれば、合同会社の設立により行える業務の拡大が期待出来ますから、諸事楽にはなります。
合同会社のメリットはこれ以外にも存在します。個人事業主よりは法人である分だけ、社会的信用は大きくなります。しかも法人でなければ出来ないような事業も出来ることになり、大きなメリットであると言えるでしょう。

個人事業主から合同会社へと変えることで、受けるメリットは大きなものとなります。特に行える事業が増加する点と、社会的信用、それ以外にも法人格になることで助成金や補助金といったいろいろな公的資金を受け取りやすくもなるわけです。

この助成金等の受給には注意点があります。これらは、一定の条件下で受給出来るものであり、条件を満たしていても役所側すなわち支給を決定する側が教えてはくれません。したがって、受給を希望する場合には、受給出来る要件を満たしてその担当する役所に話をしっかりとしておく必要があるわけです。

もし、受給出来るかどうか分からない場合には、社会保険労務士に相談をする手もあります。法人になった後に厚生年金への加入や社会保険適用の事業所申請を行ったときに、社会保険労務士に依頼したことがあれば、その社会保険労務士に相談をするのも一つの方法です。場合によっては社会保険労務士との話の中で、この助成金の受給などの話や条件がでてくる場合もあり得るでしょう。

合同会社の設立には様々な手続きが必要で、その後の手続きでも執行に依頼する場面は多くあるでしょう。したがって、そこで人脈が出来れば、その次の依頼もし易くはなります。初めて話を持ちかけるのはしんどいものですから、ここでつながりが出来れば、話をし易くはなるでしょう。

合同会社の設立による助成金等の受給について、もし心当たりがない場合には、社会保険労務士などを探してみる事も必要です。専門的にこうした受給の取り扱いをしているところが見つかるケースもあれば、専門的ではないにしてもかつて依頼を受けてやったことがあるというところは見つかる可能性は高くなります。

上手く利用して、個人事業主では受給出来ないものを、適正に受給する方向で行動することが、個人事業主ではなかなか得られない合同会社のメリットになるでしょう。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.