banner

注意点

合同会社の設立は簡単ですが注意点もあります

合同会社はかつての有限会社と同じものとして見られます。有限会社は既存のものの存在は許されていますが、新設は出来なくなりました。その代わりとして、この合同会社があるわけです。

合同会社が新設出来るようになったわけですが、この合同会社の設立は比較的簡単で、流れを把握すれば比較的短期間での設立が可能です。なお、簡単ではあるにしても、手続き自体を省略したりは出来ませんので、その点には注意が必要です。

また、手続きに関しては、士業の専門家に任せた方がいい場合もあるため、その見極めが設立者には求められます。

合同会社は1人からでも設立が出来る法人で、その最大の特徴は家族的経営であると言われています。この家族的経営というのは、設立に関わった人以外でも従業員として働く人全員が承諾しないと、重要な決定が出来ないことになっています。

したがって、考え方が異なる人がいる場合には重要な決定が出来ませんから、何も決められないことになり、事業がストップすることもあるでしょう。すなわち、法人として致命的なスピードが出せずに、事業などが停滞することを意味するわけです。

こうしたことにならないためには、家族的経営による少人数での運営を行うか、あるいは少人数それも家族のようにお互いがよく知っている人間だけで組織を構成するなどの工夫が必要になるものです。
法人としては規模が小さくまた一人でも新設が可能ですからすべて一人で行うことも可能ですが、後々のことや期限がある申請の事を考えると、士業の専門家に依頼することを考えた方が無難です。

合同会社の登記が完了したときを基準にして、その日を基準にして一定期間内に書類申請を行わなければならないものがあります。

一人あるいは少人数で設立した場合は、そこまで意識が回らずに結果として書類の出し忘れなどが生じ得ます。それは極めて危ういことですので、士業の専門家にあらかじめ依頼することも含めて考えておくべきでしょう。

申請をし損ねて損をするケースもあるとされています。助成金等の申請がそれで、これらも誰かが教えてくれるものではありませんから、自らが調べて対応をしなければなりません。その余裕がないと見込まれるときには、社会保険労務士に依頼するなど、適切な対応を考えておくことが重要になるでしょう。

事前に話し合いの場を設けておいて、申請に関する状況の説明や、代理申請その他の対処を依頼することも重要になってくるものです。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.