banner

源泉所得税

合同会社設立後の源泉所得税の処理

源泉所得税合同会社を設立した後には、様々な届出を行わなければなりません。その中でも税金関係の届出は忘れずに行っておくことが求められます。面倒な話ですが、まずは国税関係です。所得税や消費税などの届出を行います。

主たる事務所の所在地を所管する税務署で問題はないでしょう。合同会社ですから、複数の都道府県にまたがったりあるいは同じ市町村内で複数の事業所が存在することは、最初はあり得ないでしょうから、1カ所だけの届出で問題はまずないものです。

その他にも税金関係では、都道府県税事務所にも届出を行わなければなりません。さらに、市町村役場への届出も必要です。

このように複数箇所への届出が必要ですが、届け出る書類などはそれほど煩雑なものではありませんから、合同会社設立者が赴いて手続きを行っても差し支えはほとんどないでしょう。面倒だったりあるいは何かしらの事情がある場合は、代理人として税理士などに依頼する方法がとれます。

合同会社設立以後は、従業員に支払う給料から源泉所得税を差し引いて、給料等の支給を行います。これは短時間労働者であったりあるいは他の正社員や契約社員でも同様で、最終的に1年間分の総支給額や源泉所得税等がいくらだったのかについては、年末調整の源泉徴収票で分かるようになるものです。

このとき、当然ですが差し引いた所得税は、別途雇用主である合同会社側が納税を行わなければなりません。たとえ、その後において源泉徴収票等の利用で確定申告を行い、所得税等の還付を個人で受けたとしても、それは個人の問題であり合同会社側つまり雇用主側でも、税務署に対してこれだけの給料の支給と税金を徴収しているので、納税を行う旨は申告しなければなりません。

合同会社の設立により、様々な手続きが必要となっていきますが、法人であるからには行わなければならない手続きが相応にあることは知っておくべき事柄です。この所得税等の納税を行わなかった場合には、当然ですが税務署は合同会社に対して納税の手続きを行うように促したり、あるいは督促を行っていきます。

申告や納税が遅れればそれだけペナルティも大きく、不申告加算税や延滞金、さらに悪質な場合には重加算税といったように本来納税しなくてもいい分まで支払わなければならなくなってしまいます。このことを合同会社側はよく知っておくべきです。

確実な申告と納税は義務ですので、ぬかりなく行えるようにしておくことが求められます。

Copyright(c) 2016 合同会社設立を不安に思うことはありません All Rights Reserved.